×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ウェルシュコーギーペンブロークがかわいい「コーギーブログ」。3匹のゆかいなコーギー親子のペット冥利につきる腕白ブログ。サイトマップはこちら

コーギーブログコーギー親子3匹のゆかいな日記

HOME >  ブリーダーって? > 悪徳ブリーダーを見分ける方法・その3

悪徳ブリーダーを見分ける方法・その3

悪徳ブリーダーを見分ける方法・その2 ワクチン接種をお願いできますか?

ブリーダーさんに見学できますか〜?という質問をしましょうということを前に書きました。そして引渡し時期はいつですか?と質問をした次に聞くべきことがこの質問です。
ワクチン接種をしないと感染病にかかってしまうことも多くあります。ましてや子犬は抵抗力が弱いため、体や命のことを考えるならワクチン接種は行うべきことなのです。この答えで帰ってくる返事を検討します。


ブリーダーにどうしてワクチン接種ついて聞くのか??

ブリーダーにどうして時期を聞くのか??子犬の安全を守るブリーダーかどうか。

例えば「ワクチン接種は行ってません」というようなところはよくありません。
もちろんブリーダーさんの中には行わないという方もいますが、感染症にかかる可能性が流通過程で行われやすいことを考えると、子犬のためを考えてワクチン接種は行うべきでしょう。

ただ、この場合に譲り受けるタイミングが40日前などの場合に接種を行うと、子犬はまだ体の抵抗力などが弱いためにかえってよくありません。そこで譲渡時期とあわせて考慮しましょう。

証明書も聞きましょう

ブリーダーにどうして時期を聞くのか??証明書が動かぬ証拠。

ワクチン接種を行えば、その際に証明書が発行されます。
ブリーダーに聞く際にはこの証明書もあわせて聞きましょう。その際には、2回目のワクチン接種のこともあるので、と説明をつければブリーダーさんも出してくれます。
子犬のためを考えるブリーダーさんなら、この証明書もきっちりつけて送ってくれますのでためらわずに聞きましょう。



コーギーブログ