×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ウェルシュコーギーペンブロークがかわいい「コーギーブログ」。3匹のゆかいなコーギー親子のペット冥利につきる腕白ブログ。サイトマップはこちら

コーギーブログコーギー親子3匹のゆかいな日記

HOME >  信頼できる獣医師を選ぶ > ペットロス

ペットロス

悪徳ブリーダーを見分ける方法・その2 いつかは迎える日。思い出に感謝して手厚く葬ってあげましょう。

食事や環境の変化によって、また伝染病の対策として予防接種なども行われているために、近年平均寿命が延びています。
それでも悲しいことに、いつかは愛犬のゴールデンとお別れになる日が来てしまいます。
楽しく懐かしい思い出に感謝しながら手厚く葬ってあげましょう。


埋葬の方法

年間何頭くらいの子犬が引き取られますか?埋葬の方法

自宅の庭を掘って埋葬できるならいいですが、埋葬場所がない場合には、ペット霊園で引き取り、葬儀、火葬、永代供養までお願いすることができます。費用や内容など詳しくは問い合わせを。


血統書の役割

年間何頭くらいの子犬が引き取られますか?手続きのことも

手続きにもいろいろあります。所轄の役所と保健所に連絡して廃犬届けを出します。血統書は裏面に死亡年月日を記載して登録団体に送りますが、飼い主が望めば返還されますので手元に保存することができます。


宝塚動物霊園

年間何頭くらいの子犬が引き取られますか?動物霊園のパイオニア

動物霊園のパイオニアである宝塚動物霊園は、大切なお子様達の安らぎの地として、開園以来、阪神間はもとより、日本各地の動物愛好家の皆様に広くご利用いただいております。
宝塚動物霊園では、毎月動物供養の例祭日を設け、萬霊の供養を営む 「月並み法要」と、年3回の「大法要」を営んでおります。
法要は、僧侶の読経の中、おごそかに執り行われます。ぜひ、ご家族おそろいでお越しくださり、亡きペットの生前を偲び、ご家族の深い愛情で供養してあげてください。 なお、当園にお墓のない方でも、ペットの供養をさせていただきますので、この機会をご利用ください。



コーギーブログ